ファミリー&カップルが手軽に楽しめる新潟の釣り場まとめ

新潟で初心者や家族やカップルでも釣りを気軽に楽しめる場所をまとめてみました。

ここで紹介する場所は気軽行ける場所だからと言って小物しか釣れないわけではありません!初心者でもイナダ(ワラサ)やサワラ(サゴシ)のような青物からマダイやキジハタのような高級魚が釣れる場所もあります!

家族連れやカップルでも気軽に楽しめる条件としてなるべく以下の条件が整っている場所を集めました。

無料で解放されている場所や有料の管理釣り場(海の釣堀)も紹介しますので釣行スタイルに合った場所を確認してみてください。

  • トイレがある。
  • 安全対策が施されている(手摺やライフジャケットの貸し出しがある)
  • 釣り以外のレジャー施設が近隣にある。
  • 駐車場からすぐいける。
  • 手洗いに使える水場がある。
  • 釣りが認められている場所(有料の釣り場含む)

※全てがそろっていない場合もあります詳細ページで確認してください。

※季節により閉鎖または営業していない釣り場も有るので釣行前に確認して下さい。

釣行予定の場所で最近釣れている魚をチェックしよう

※新潟で釣れる魚種と時期を大まかに表にしてあります、新潟は縦に長く釣れる時期などに多少のズレやこの表に記載が無くても釣れる魚もいますので釣行前にご確認ください。

新潟県全域の大まかな釣果場を知りたい場合は新潟日報の釣り情報を確認しましょう。

 

(下越)新潟東港 第2東防波堤 (有料管理釣り場)

初心からベテランまで楽しめる海の管理釣り場です、春からはサワラ(サゴシ)や初夏のイナダなどの青物を手軽に釣ることができる釣り場です。

釣り場も釣り人1人に対してある程度スペースが取れるように壁に番号をペイントして区分けしているので人気の釣り場ですがギチギチで周囲が気になると言うこともなく安心して釣りに集中できます。

季節に応じて色々な魚種を釣る事が出来ます、現在何が釣れているかは管理釣り場のホームページに釣果情報があるので確認してください。

入場料金あり

  • 大人     800円
  • 高校生 400円
  • 中学生 300円
  • 小学生 200円
  • ライフジャケット 300円(一日)

 

新潟東港 第2東防波堤の詳細ページへ

 

(下越)日和山突堤

冬場はフェンスが置かれ立ち入り禁止になりますが春から秋にかけては解放されています、4本の突堤があり、周辺にも釣りや海水浴が楽しめるポイントもあるので一日楽中楽しめます。

釣りに飽きたら水族館マリンピアも近くにあるので行ってみるのもあり。

ただし、駐車場やトイレは海沿いの道をはさんいるので、道路を渡るときは事故に気を付けて渡るようにしましょう。

 

日和山突堤の詳細ページへ

 

(中越)出雲崎海遊広場・フィッシングブリッジ

出雲崎港から寺泊方面に少し進むとあります、橋を渡って釣離岸提へ渡り釣りを楽しむ事が出来ます。

直ぐ近くに出雲崎こうがありそちらでも釣りを楽しむことができます、海があれている場合などは無理をせず出雲崎港の方で竿を出すことをおすすめします。

 

出雲崎フィッシングブリッジの詳細ページへ

 

(中越)寺泊港

フェンスなどはありませんが釣れる魚種も豊富な大きめの港です。

釣りをする場所にもよりますがトイレや釣具店などへ徒歩で行ける場所もあり駐車スペースも余裕があります。

その他寺泊水族館や観光客で賑わう市場通りなどがあります、お昼には市場通り名物の浜焼きを食べるのもありです。

寺泊港の詳細ページへ

 

(上越)直江津港 第3東防波堤 (有料管理釣り場)

管理釣り場なので有料ですが釣れる魚種は豊富です、トイレやライフジャケットの貸し出しなど安全対策もしっかりしており初心者や子供からカップル、ベテランまで釣りを楽しめます。

釣行前は直江津港第3東防波堤の釣果情報を確認しよう!

料金

  • 大人     800円
  • 高校生 400円
  • 中学生 300円
  • 小学生 200円
  • ライフジャケット 300円(一日)

 

直江津港 第3東防波堤の詳細ページへ

 

(上越)海洋フィッシングセンター (有料管理釣り場)

入場料が150円と安く貸し道具もあるので手ぶらでも気軽に釣りや磯遊びを楽しめます。

周辺は全体的に浅いようです、投げ釣りやコマセが禁止などの制限があるようなので本格的な釣りには不向きだとは思いますが、小さいお子様がいる場合などは逆に事故やトラブルなどが起きにくく安心してのんびりと遊ぶことができそうです。

 

海上フィッシングセンターの詳細ページへ

 

 

その他の釣り場は以下のリンクからどうぞ!