キジハタ(アコウ)のポイント開拓 7月14日の釣果

いつもとは違うポイントで釣る!

最近はキジハタ釣りの人気が上がってきてるようでどこの釣具屋さんでも道具が手に入りやすくなりました。
それと共にキジハタ釣り人口も増えてキジハタ釣りが良い感じに盛り上がっているように感じます、夏の夜夕涼みがてらちょこっとキジハタ釣りなんていうのもお手軽で良いですね。

僕の釣行する時間帯は深夜から朝方が多いので、夕マズメの海に行くことはあまり無いのですが友人達からは最近は夕まずめ辺りは人が多いと聞き、最近は少し場荒れ気味なのかなと感じる事もあったので、今回は移動は面倒ですがあまり人気の無さそうな場所に入ってみることにしました。

水深はそこそこ有り海底のストラクチャーも大きい物ばかりのような印象を受けました、仕掛けが上がって来てその後ストーンと、何処まで落ちるんだよとツッコミたくなるくらい落ちたりリグが宙ぶらりんな状態になったりと。

海底の状態から察するにキジハタがいそうな雰囲気はあるんですが根掛かりの多さもありちょっと嫌な予感、これ絶対食ったら潜られるだろうし、変なとこで食い付かれたら抜けないな〜なんて考えながらキャストしているとまたストラクチャーに引っかかり仕掛けが宙ぶらりん状態に、仕掛けよ戻って来い!と祈りながら巻いているとガツンと来ました!

糸がストラクチャーを擦っていて嫌な感じですがそのまま巻き上げる、途中にキジハタがストラクチャーに挟まったのか潜ったのか完全に動かなくなってしまったので、しばらく待ってみましたが動かない、微妙な生命反応はありますが。

もういいやと思いラインブレイク覚悟でガンガン煽ると微妙に出てくる(笑

もしかしたら出てくるかもと思いそのままガンガン竿を煽っていたらすぽっと抜けました!

さすがキジハタ専用タックル!マダコも釣れるし文句なしです(笑

 

擦り傷の跡が残るキジハタ

擦り傷の跡が残るキジハタ

 

一生懸命岩の隙間で釣られまいと踏ん張っていたのか側面に擦り傷が付いていました、ちょっと痛々しい。

結構スリリングだったけど楽しませてくれました。

 

キジハタ36cm

 

その後はアタリも無く空もだいぶ明るくなって来たので帰ることにしました。

しかし今回はルアーをロストしまくったなー(笑

 

明らむ空

明らむ空

 

思い付きで入ったポイントでも意外と簡単に釣れてくれるのが良いですね。

今年は新たなキジハタポイントもどんどん開拓して行こうと考えてるマサジでした。

 

 

今回のヒットルアー

 

状況

場所:新潟県下越
潮:中潮 深夜 上げ3分
水深:10m程度
風:無風
波:0.5m
気温:24度
水温:25度

 

タックル

ロッド:Abu Salty Style Kizihata STHC-762M-H-KR
リール:Abu Revo BIG SHOOTER COMPACT
ライン:フロロカーボン 16lb
リグ:テキサスリグ
ワーム:エコギアバグアンツ 北陸UVスモーク
フック:オフセット2/0
シンカー:ナツメ錘10号

 

キジハタの釣り方や記事のまとめはこちらをどうぞ。